外国人入居で賃貸経営

外国人入居の際の注意点について

受け入れる際はしっかりと確認を

賃貸経営をしている人の中には、外国人も積極的に受け入れようと考える人もいるでしょう。日本に来る外国人の人数は増加しており、空室をつくらないためには外国人も敬遠せずターゲットにするのが得策です。

外国人に対してあまり良くないイメージを持っている人もいますが、ニュースなどで報道される事件を起こすのはごく一部の人たちです。そのため、基本的には日本人の入居者と同じように接して問題ありません。しかし、滞在資格などの関係から入居の手続きをする際に確認しておかなければならないことがいくつかあります。

まず、パスポートと外国人登録を確認しておきましょう。不法入国や不法滞在の場合には、それが後から発覚すると強制送還されることになります。そうなると、また入居者を募集し直さなければなりません。未払いの家賃があっても、回収することが困難になってしまいます。

また、長期滞在が可能なビザかとうかの確認も重要です。日本は賃金水準が高いため、短期ビザしか持っていない外国時が出稼ぎ目的で来日することがあります。また、観光ビザは事後的に就労ビザへ変更することもできません。

そして、入居者が女性の場合には風俗関係の仕事に就いてないかどうかのチェックも必要です。外国人が日本に来て風俗の仕事をすることは認められていません。長期滞在可能なビザを持っている場合でも、風俗関係の仕事をすると取消になり強制送還されてしまいます。他の仕事をするために就労ビザを取得して来日した外国人や、留学生がアルバイト感覚で風俗関係の仕事をしてしまう可能性もあるため特に注意が必要です。

契約書を交わす際に、日本の生活様式や慣習について説明するとともに、風俗関係の仕事をしないように念を押しておきましょう。また、契約書は入居者の母国語で書かれたものを作成し、筆談で説明すると内容がよく伝わります。